【Hulu】アニメ『ダンベル何キロ持てる?』で一念発起!30日間プランクチャレンジ!

ダンベル マンガ・アニメ・ゲーム

4

動画配信サービス「Hulu」でアニメ『ダンベル何キロ持てる?』1-6話を視聴した。

スポンサーリンク

『ダンベル何キロ持てる?』をきっかけに腹を引き締めることに

最近、腹がぽっこりとふくらんできて「とうとうやってきましたか……」と自分の年齢を感じている。

先日、友達が2019年7月から放送しているアニメ『ダンベル何キロ持てる?』の話題で盛り上がっていて「トレーニングのモチベーションになるかも?」と期待して、動画配信サービス「Hulu」で最新話の六話まで視聴した。

ダンベル何キロ持てる?』は、女子高生・紗倉ひびきがぽっちゃり体型から脱却するために、シルバーマンジムに通い、トレーニングに励むという物語である。毎回、筋肉トレーニングの方法、適切な食事法をストーリー形式で解説して、各話の最後には自宅で簡単にできるトレーニングを紹介している。器具が不要なトレーニングを中心に紹介していて、テレビの前でアニメを視聴しながらすぐにトレーニングを試してみることができる。

さて、腹を引き締めるトレーニングを目的にアニメを視聴していたところ、早速、第二話で「プランク」という体幹トレーニングを紹介していた。「プランク」は、上記の画像のように両手と両足を肩幅に開き、ひじとつまさきの4点で支え、背中をまっすぐにしたままの体勢をキープするトレーニングである。紗倉ひびきの腹を引き締めたいというモチベーションに共感しながら、早速実践してみた。

……きつい。地味なトレーニングでありながら、腹の筋肉がぷるぷるして意外にハードである。

しかし、プランクの直後には腹が引き締まっている感覚がたしかにある。毎日続けることができたら効果があるはずだ。インターネットで検索して「30日間プランクチャレンジ」という方法を採用することにした。

「30日間プランクチャレンジ」とは?

【30日チャレンジ】プランクを一ヶ月間毎日やったらどうなるか

30日間プランクチャレンジ」は2015年にアメリカ合衆国で流行した30日間限定のトレーニングプログラム。基本的に毎日、徐々に時間を伸ばしながら、プランクを行うだけだから非常にシンプルなトレーニングプログラムである。

また「30日間プランクチャレンジ」のための無料スマートフォンアプリも配信されているため、正確に記録を管理したいなら利用をおすすめする。

おわりに

ダンベル何キロ持てる?』はプランクだけではなく、スクワット、ディップス、バーピー、リバースプッシュアップと挙げたらキリがないけれども、様々なトレーニングを紹介している。自分の引き締めたい体の箇所に合わせてトレーニングを選び、ぜひ、実践していただきたい。